起業情報START UP

「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」のお知らせ

エリンサーブから神戸での起業家・経営者向けの情報です。

今回は「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」のお知らせです。

起業家や経営者の方々が日々頭を悩ませるのが資金。いかに資金調達をしていくか、運転資金を確保していくかを常日頃から考えている経営者の皆さんも多いでしょう。
そんな起業家・経営者の皆さんの手助けとなるのが補助金です。エリンサーブからも過去さまざまな補助金情報を提供してきましたが、良いタイミングで必要な補助金情報を得ることも重要です。新たな資金補助を受けることで投資できるものもでてきますし、事業を軌道に乗せやすくなりますね。
そして、現在募集中の補助金があります。その補助金が「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」です。

「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」は、4/23(火)から公募受付が開始となり、6/24(月)が締め切りとなります。締め切りが迫ってきているので、早めに準備しておきたいですね。

この「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」は、中小企業・小規模事業者が連携して取り組んでいる設備投資を支援するものです。また、その設備投資は、生産性向上や地域経済への波及効果のある革新的サービス・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資である必要があります。

大きな特徴は複数事業者による連携した取り組みを支援するということ。単体の企業に与える補助金が多い中で、複数事業者の連携した取り組みに与えられる補助金はかなり限られています。
今回の補助金には①企業間データ活用型と②地域経済牽引型の2つの種類があります。①企業間データ活用型は補助額が最大2,000万円と金額が多く、補助率が1/2以内となります。これに対し、②地域経済牽引型は補助額1,000万円となるものの、一定条件を満たせば補助率は2/3以内と高くなります。
複数の中小企業で連携して行う事業がある方は是非有効活用したい補助金ですね。
ただ、補助金申請には経営計画書も提出が必要となります。その上で審査をされるので、必ずしも申請者全員がもらえるものではないです。
簡単な作業ではないですが、経営計画書を作成しておくと、今後の開発や試作品などの目的やプロセスなどが明確化できるので、経営計画書を作成することはとても重要です。

今回の「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」の締め切りは6/24(月)です。
必要書類もありますので、興味のある方は是非早めに準備してチャレンジしてみてください。

ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金
締切:2019年6月24日(月)(消印有効)

https://www.maido.or.jp/mono_renkei/



起業情報 DATE : 2019.06.05